還骨法要と初七日法要

還骨法要をする

清めはしなくてもよい

火葬が終わると、遺族と列席者は、遺骨、位牌、遺影とともに、還骨法要を行う会場へと向かいます(いまは自宅でなく、斎場、レストラン、ホテルなどで行われることも多い)。
入り口で清めを行うことがあります。
これは、死に対して強い恐怖心のあった時代の産物で、ひしゃくで両手に水を、そして塩を両肩、背中、足元にかけてもらいます。
キリスト教や浄土真宗では、もともと死を積れとは考えないので、清めはしません。
最近は、死の稿れを強調するのはおかしいという考え方から、「お清め」という言葉は使わない傾向にあり、塩も使われないことが多くなりました。

後飾り壇を設置する

出棺の後、祭壇や葬祭用具はすべて片づけられ、遺骨を安置する後飾り壇(中陰壇)が設けられます。
この祭壇は四十九日の忌明まで家に飾ります。
後飾り壇に遺骨を安置して、「還骨法要」の読経や焼香が行われます。
還骨法要は宗派により、「還骨勤行」「安骨派経」「安位諏経」などともいわれます。
神式では、出棺の後に葬儀を行った祭壇を片づけ、神職が「後祓」の儀式をした後、帰家祭前に仮御霊舎を設けます。
遺骨が火葬場から戻ると、家屋に入る前に入り口で御祓いをし、お清めをします。
その後仮御霊舎に霊璽を置き、「帰家祭」といわれる葬儀が終わった報告をします。
キリスト教式では、該当する儀式は何もありません。

家族葬・葬儀|訃報が届いたら

訃報が届くのはいつも緊急です。
それから準備をしていては間に合いません。
下記に訃報が届いた場合の対処方法がまとめられているので、参考にして下さい。
http://www.computerchatforum.com/

初七日法要も葬儀当日に

本来、仏教の初七日の法要は、死んだ日も入れて7日目に行いました。
いまでは遠方から来る人を考慮して、還骨法要に引き続き「初七日法要」を営むことが多いです。
北海道などでは、四十九日法要を繰り上げて行う「取越法要」までを葬儀当日に営むこともあります。

会食をする

一般に初七日法要の後、葬儀を手伝ってくれた世話役たちや、僧侶、近親者を招いて飲食でもてなす会食が行われます。
この会食は「精進落とし」「精進上げ」「精進落ち」「忌中引」「お斎」「仕上げ」などともいわれます。
「精進落とし」は、本来の意味からいうと、四十九日の忌明に行われるのですが、いまは葬儀当日、初七日法要の後の会食を意味することが多くなりました。
現代では宗教的な意味よりも、お世話になった人たちへのねぎらいの意味が強いので、準備や後片づけのいらない会場で行われることが多いようです。
自宅で行う場合も、仕出し屋に頼む方法が選ばれています。
会食をせず、品物(折り詰めやお酒など)を持ち帰ってもらうこともあります。
僧侶が出席できないときは、「お膳料」と「お車代」を別に包みます。

喪主は招待客にあいさつを

喪主や遺族は、招待する側ですから末席に座り、接待します。
喪主は会食の前にあいさつをします。
葬儀が無事に終わったことへの感謝の気持ちを伝え、ゆっくりくつろいでいただきたい旨を述べます。
宗教者や近親者に「献杯」の音頭をとってもらうこともあります。
不祝儀の場合は、「乾杯」ではなく、故人に捧げる意味で「献杯」といいます。
神式では、「帰家祭」の後、葬儀の世話役、近隣の人、近親者を招いて、飲食でもてなす「直会」を開きます。
キリスト教式でも、軽食や茶菓などで世話になった人をもてなします。

精進落としとは

仏教の教えでは、四十九日までの服喪期間は、肉食を断ち、菜食しなければなりませんでした。
本来の精進落としは忌明の四十九日法要の後に、肉食することで、気持ちを切りかえるという意味がありました。
近年はお世話になった方へのねぎらいの席という意味が強まり、葬儀当日に繰り上げて行います。

「お別れ会」を開く

告別式を独立させたお別れ会

いわゆる「お別れ(の)会方式」と呼ばれるものは、死亡直後に近親者だけで「家族葬」を行い、しばらく日をおいた後に、故人の知人・友人に集まってもらって、お別れの会を行うものです。
家族葬では、故人や家族の宗旨による宗教儀礼を行い、お別れ会は無宗教で、という形態が多くみられます。
葬儀はこの世からあの世に引き渡す儀式。
告別式は会葬者が故人に別れを告げる儀式で、本来2つは意味の違う儀式でした。
いまは葬儀・告別式として同時に営まれますが、家族葬十お別れ会という形態は、告別式を独立させ、伝統の形に戻した形態といえるかもしれません。
友人が主催するものもありますが、ここでは家族が主催する場合についてお話しします。

会場を選ぶときは

形式も内容も自由なので、会場も規模に応じて、ホテル、レストラン、地域の集会場、斎場(葬儀会館)、あるいは故人ゆかりの場所などから選ぶとよいでしょう。
故人を偲びながら会食をする形が一般的ですが、なかには白宅でお茶とケーキというシンプル型もあり、故人への想いのこもった温かい会なら、どんな形式でもよいと思います。
案内する際には一般に、「平服でお越しください」と書きます。

お別れ会の内容・形式

すべて自由です。
人数が多い場合は、どなたか司会の人をお願いし、進行についても打ち合わせをしておいたほうがよいでしょう。
少人数なら、遺族や親戚の進行で対応できると思います。
故人に黙祷したり、献花をし、お別れの言葉(弔辞)もいただいて、儀式をきちんとする形でも、会食をしながら、友人・知人が在りし日のエピソードをスピーチする形でも、好きな方法を選べます。
趣味の仲間が、楽器を演奏したり、コーラスで追悼するのもよいでしょう。
故人のメモリアル写真や、愛用品、趣味の品々を展示することで、話がはずむこともあります。
一般的なお別れ会の進行例はこちらのページをご覧ください。

お別れ会の案内状例

父○○逝去の際には、故人の遺志ではありましたが、勝手ながら近親者のみで葬儀を営ませていただきました。
つきましては、親しくおつきあいいただきました皆様をお招きして、追悼の会を催したいと思います。
会場は、生前父が皆様との歓談でよく通っておりました、レストラン○○○を、オーナーのご好意でお借りすることができました。
お忙しいところを恐縮ですが、ご出席いただければ幸いでございます。
その折りに、父の思い出話をお聞かせいただけたらと願っております。

案内状の注意点

「お別れ会」は私事なので、「万障お繰り合わせのうえ」といった表現を用いないこと。
また、料理の用意の都合上、出欠の返事をもらうようにしましよう。

費用の目安

規模や内容によって違いますが、生花代、場所代、人件費などの基本料が20万~40万円、料理が1人5000円~1万円×人数分というところです。
会費制でない場合は、参加者は香典を持参しますから、差し引いた金額が出費となります。

このページの先頭へ

イメージ画像